バイオバンク・ネットワークに 神戸大学と信州大学が新規参画【プレスリリース】

発表のポイント


・ これまで日本全国の7機関12のバイオバンクで構成していたバイオバンク・ネットワークに、神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター、信州大学医学部附属病院バイオバンク信州が、新規参画しました。
・両バイオバンクの参画により、同ネットワークで運用されてきたバイオバンク横断検索システムの対象に、2機関の試料・情報が新たに追加され、より充実したシステムとなります。
・日本の9機関14のバイオバンクが連携し、バイオバンク・ネットワークにより膨大な疾患・健常者両方の試料・情報が集められるようになりました。利用者の利活用対象が一層広がることで、一人ひとりの体質に合わせた個別化ヘルスケアの実現を加速させます。

概要

バイオバンク・ジャパン、東北メディカル・メガバンク計画、ナショナルセンターバイオバンク・ネットワークなどが参画して運用してきたバイオバンク・ネットワークに新たに、神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター、信州大学医学部附属病院バイオバンク信州の2つのバイオバンクが参画しました。両バイオバンクは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下、AMED)の研究プロジェクト「ゲノム医療実現バイオバンク利活用プログラム(ゲノム医療実現推進プラットフォーム・ゲノム研究プラットフォーム利活用システム)ゲノム医療実現推進のためのバイオバンク利活用促進に向けたバイオバンク・ネットワーク構築と運用支援に関する研究開発」の代表機関である東北大学東北メディカル・メガバンク機構が実施した公募に応募し、審査を経て参画しました。
 両バイオバンクの参画により、同ネットワークにより運用されてきたバイオバンク横断検索システムの対象が拡大し、9機関14のバイオバンクの試料・情報が対象となり、より充実したシステムとなります。

今回の拡大の概要

今回、新規参画した以下の2つのバイオバンクは、いずれも診療機関併設型のバイオバンクです。
・神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター
・信州大学医学部附属病院バイオバンク信州
両バイオバンクの参画は、研究プロジェクト「ゲノム医療実現バイオバンク利活用プログラム(ゲノム医療実現推進プラットフォーム・ゲノム研究プラットフォーム利活用システム)ゲノム医療実現推進のためのバイオバンク利活用促進に向けたバイオバンク・ネットワーク構築と運用支援に関する研究開発」の公募に対する応募によるものであり、審査を経て2022年3月に決定しました。
両バイオバンクの概要は以下の通りです。

・神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター
2019年4月、神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター内に「神戸大学医学部附属病院バイオリソースセンター」を設置し、2020年6月より運用を開始。研究・開発におけるニーズをあらかじめ聞き取り、ニーズに沿ってヒト検体とこれに伴う医療情報を収集していく、ニーズドリブン型バイオバンクであることが特徴です。

・信州大学医学部附属病院バイオバンク信州
2019年9月、信州大学医学部附属病院はがんゲノム医療拠点病院に選定されたことを機に「バイオバンク信州」を設立し、2020年8月から運用を開始。産婦人科対象のがん組織の試料と診療情報の収集からスタートしており、対象疾患の拡大に向けて運用しています。

プレスリリース詳細